読書家必見!本を読むと眠くなる【理由と斜め上の対策】を紹介します

スポンサーリンク
【転勤族】一人暮らし
yagi
yagi

あなたも一度は読書をして眠くなるという経験したことありませんか?私はたくさんあります。(笑) 

yagi
yagi

なんで眠くなるのか!では眠くならないようにするにはどうするのかを紹介させていただきます。

ブログ対象者

にゃーこ
にゃーこ

・本を読むと眠くなる
・本を読むのが好きな人

私の情報
・国語偏差値40でこのままではヤバい、、読書開始
・月に4冊読みます。

スポンサーリンク

眠くなる理由

眠くなる理由は大きく2つあります。一つ目に「疲れる」2つ目に「本の内容」が考えられます。

疲れる

本を読むと2箇所の部分が大変疲れます。1箇所目は「脳」が疲れます。2箇所目は「眼」が疲れます。

本を読むという行為は、脳みそで文字を理解しないといけません。

そのため簡単な話ですが、読書とは頭を使います。

さらに、字は小さいので眼を使って文字を認識しないといけません。電子書籍や、暗い部屋で読むときなどは、なおさら眼が疲れます。

この2箇所が疲れて眠くなると考えられます。

本の内容

本の内容によってはよっては適してない場合もありますね!

興味のない内容かもしれませんし、難しい内容かもしれません。

例えが、いきなり資本論について書いてある本を読んでも飽きてしまう人が多いと思います。

自分の馴染みの無いカテゴリーの本について読むときは飽きて眠くなることが多いです。(笑)

私は、自分の勉強のために自己啓発の本を読むと眠くなるときがあります。(笑)

対処方法

対処方法は他のブログでも良く紹介されていますね!

以下はよくある対処方法をまとめました!

興味のある本に変える
姿勢を変える(椅子に座って読む)
適宜休憩を取りながら読書する
時間を決めて読書する

この中で特に良かったのは、「適宜休憩を取りながら読書する」です。

先述しましたが、読書は脳と眼が疲れます。そのため、読書の合間に休憩を入れてあげるとスッキリして読書がはかどります。

休憩といっても、水分補給やストレッチだけの息抜きみたいな休憩がベストだと思います。

なぜなら、長い休憩は読書の気分じゃなくなってしまうので注意です。

本を読む→本を聴く

私はそもそも本を読むという行為の代替として、本を聴くというサービスをおすすめしています!

代表的なサービスでAmazonAudibleがあります。

Amazonが提供するオーディオブックサービスです。月額1500円で利用でき、毎月40万冊以上のオーディオブックからお好きな本を1冊読むことができます!

完全に自分で利用してみて、良かったため紹介させていただいております!

AmazonAudibleがおすすめな理由

・眼と手を使わないから、瞑想しながらや散歩しながら読書することができる。
・プロのナレーターだから頭に入りやすい
・今なら30日間の無料体験ができる

本を読んで眠くなるなら、本を聴くということに変えることも選択肢の一つですね!

AmazonAudible無料体験ページ(AmazonAudibleホームページ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました